広尾にあります女性の為の、婦人科系疾患・更年期症状治療、鍼灸、インディバ、リンパマッサージサロン

みどり鍼灸サロン

未分類

四気調神大論【冬】

更新日:

 

四気調神大論とは

鍼灸師のバイブルの1つ

「素問」という古典に収められている

1節で

〝春・夏・秋・冬における

肉体的・精神的生活態度を論じ

、人は天地の気に調和して生活

すべきである〟という内容が

書かれているのですが

分かりやすく言いますと、

 

人間は四季の変化を感じ

それぞれにに合わせた

過ごし方をしなさいよ〟

 

というお話です。

さて、そこで今日は

現在の季節

「冬」

の過ごし方について

見て行きたいと思います。

 

「冬の三ヶ月を

閉蔵という。

それはもろもろのものが

門戸を閉ざして

閉じこもる季節である。

この季節は、水は氷り、

地は凍てついて

寒さが厳しいので、

さすがに天の陽気も

これを柔らげることが

できないほどである。

この時にあっては、

夜は早く寝、

朝は遅くまで床にあって

日が昇ってから起き、

寒気に損なわれないように

しなければならない。

精神的には気を静めて、

何かしなければと思う志など

ふせかくし、また、

ひそかな心持ちで、つねに

満足していなければならない。

肉体的には直に寒さにふれぬ

ように、また、

体を温かく保つように注意し、

過労して汗をかき、

陽気をたびたび逃すことのないように

しなければならない。

この養生法に逆らって精神を

忙しく動揺させたり、

寒にふれたり、過労して

発汗し陽気をたびたび逃したり

すると、たとえすぐに発病しなくても、

春になるとこれが原因となって、

手足が萎えて冷えるという病になる。

これは冬にうけた傷害が元になって

春の発生の気力が減少した結果、

病が表面に出てくるのだ」

 

という冬の過ごし方についての

お話なのですが、

昔の方はすごいですね、

常に自然の中に人間がいて

そこから学ぶべきものは

メッセージは

何かということを

考えて生きていた感じがします。

昔の方々に教えて頂いた

冬に過ごし方!

頭において生活してみたい

ものですね☆

次回は「春」の過ごし方

についてです♫

乞うご期待☆

 

-未分類

Copyright© みどり鍼灸サロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.